« Jakeさんのブルホーン化 その3 | トップページ | フロアポンプ »

2007年6月26日 (火)

いきなりパンク

帰宅後、届いた「EASTON EA90 SL」をセットすべく、タイヤ交換を実施。

タイヤ外しを2本、ローラー台用タイヤも含めて、5本のタイヤをセットしたのですが、最後の5本目あたりでは、親指の腹が痛く、レバーを使って、ビートをはめ込んだのですが、ちょっと油断した隙に・・・ 挟んでしまいました。

空気を入れようとしたのですが、まったく入りません(T_T)

せっかくの新しいホイールですので、予備チューブにてセットしなおし、とりあえずセット完了です。

やっぱりこういう場合もパンクって言うんですよねぇ

|

« Jakeさんのブルホーン化 その3 | トップページ | フロアポンプ »

自転車パーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ヒロです

私はここのところしまくりました。
でも、1/3ぐらいはタイヤを入れるときにチューブがリムに挟まってしまったからです。

やっぱり、タイヤをはめるときはレバーを使うと失敗が多くなりますね。

もっとも、リムの幅が広いとタイヤがはめにくくなるので失敗することが多くなるそうです。

投稿: ヒロ | 2007年6月26日 (火) 12時25分

ヒロさん こんにちわ

一晩空けて、すでに12時間ぐらい時間がたっていますが、未だに親指が”ジンジン”しています(^^;)

1本目のローラ練習用タイヤでゴムというよりプラスチッキーなタイヤでこれをはめる時点でかなりの力を使ってしまったのが、最後5本目で力尽きた敗因かと

予備チューブでの6回目では、痛さを無視して、何とかはめられました。

幸いにして私の場合、長らくパンクから遠ざかっていたので、すっかり腕が落ちたかも(^^)

投稿: と~る | 2007年6月26日 (火) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jakeさんのブルホーン化 その3 | トップページ | フロアポンプ »